人気blogランキングへ ← クリックご協力いただけると助かります

2010年12月10日

フィッシング詐欺に注意、もしもの場合の対処方法

モテたくて、変なネットゲームのアイコンを真田広之にしてみたけど、まったく効果がなかった手嶋です。
こんにちは。

前にも書きましたが、フィッシング詐欺に注意してください。
先日もいくつか私のTwitterアカにDMとして届きました。

フィッシング詐欺の流れは、だいたいこうです。

(1)友人やフォロワーからDMが届く

(2)だいたい英語でURLがはってある。オンラインゲームの案内だったり、マフィアに入りませんか? とか色々。

(3)知り合いだからURLを開く

(4)すると、オンラインゲームなどの案内が出て「アプリケーションが、あなたのアカウントへの接続を要求しています」とあって、「拒否する 許可する」ボタンが出ます。

100814per.JPG

(5)「許可」のボタンをクリックするとアウト


この瞬間から、あなたをフォローしているユーザー全てに、あなたが受け取ったDMと同じものがばら撒かれ始めます。
私は今、フォロワーが1万400人ほどいるのですが、この1万400人すべてにばら撒かれます。想像するだけで、ゾっとしますね。


注意してほしいのは以下の3点。これだけで、かなり防げます。

・知り合いからのDMであっても、URLを開くときは注意する
・英語のメッセージでURLが貼ってあったら、無条件で削除する
・万が一クリックしてしまっても、絶対に「許可する」ボタンを押さない

です。

ただ、やみくもに「拒否する」癖がつくと、それはそれで不便という本末転倒なことも書いておきます。
というのも、写真を投稿できる「twitpic」
URL短縮ができてTLが便利な「hootsuite」
自分のフォロワー数が現在何位か分かる「まちツイ」
ツイートを自動保存して勝手にblogにしてくれる「twilog」
などのメジャーなTwitter関連のネットサービスも、この「許可する」ボタンを押さないと使えません。

外部のネットサービスを使いたい場合は「自分で検索して」使う習慣をつけてください。

最後に、気をつけていたけどやっちまった! 場合の対処方法も書いておきます。


(1)連携アプリを削除
ツイッターの設定で連携アプリを削除できます。

100814ap.JPG

(2)パスワードを変更する

(3)送信DMの削除
ツイッターのDMって、実は電子メールとは違って、相手が開く前に消去すると、相手のボックスにあるDMも消えます。



人気blogランキング ←参考になったら、クリックお願いします!



posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 16:26| Comment(0) | 法務・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。