人気blogランキングへ ← クリックご協力いただけると助かります

2010年10月06日

押尾被告 ツイッター発信検討

手嶋です。
たまには芸能ネタも。

保釈された押尾学被告がTwitterによるメッセージ発信を検討しているようです。

以下スポニチアネックスから転載

 保護責任者遺棄などの罪で実刑判決を受け、控訴後の4日に保釈された元俳優押尾学被告(32)が現在の心境を「押尾学はもうすでに死んでいる」と明かした。拘置所での“獄中ノート”に記したもので、7日発売のファッション誌「エッジ・スタイル」(双葉社)が公開。リベンジを誓った独特の“つぶやき”が満載で、今後ツイッターで自身の主張を発信することも検討している。

 日本中が注目した芸能人初の裁判員裁判を終え、控訴審を前に保釈された押尾被告。拘置所で書き続けてきた“獄中ノート”は言葉を選んだ日記というより、思いついたままに記した“つぶやき帳”といえる内容。深く思案していない分、その時々の心情がストレートに表れている。

 実刑判決に「オレの周りはみんなオレは終ったと思ってる 9・5割」(原文まま)。9割よりも細かく刻んで表現したあたりに、人が一気に離れていった悲しみが浮き出ている。

 ただ、その後「どいつもこいつも見てろよ、押尾学はもうすでに死んでんだよ」と吐き捨てるようにリベンジを強調。ここでの「押尾学」とは本人が以前から使っている“押尾学というブランド”の意味とみられ、地位は失墜したものの、徹底抗戦する強い思いがにじみ出ている。


色々と突っ込みどころがある記事ですが、今はbotがいるだけ。
早くしないと偽者がたくさん出てきそうですね。


参考になったら 人気ブログランキングへ ←クリックのご協力お願いします!

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 14:13| Comment(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。