人気blogランキングへ ← クリックご協力いただけると助かります

2010年10月27日

ツイッターニュース(2010年10月27日現在)

人気ブログランキングへ ←ご協力お願いします!

先日はニュースの鮮度の話をさせていただきました。

「鮮度」だけに、「事件」そのものを「魚」に例えるとして、
もし目の前で「事件」が起こるのは、素手で魚を捕まえることに相当するでしょうか。

まあ細かい設定の話はさておき、
情報も魚も、より鮮度が高い方がありがたがられるのは同じです。

鮮度が高い=新しい=英語でnew=ニュース、ということで、
今回はニュース、
しかも、これまで(ツイッターが出てくるまで)早さの点では圧倒的であったインターネットのニュースサイトについてのお話です。

ニュースを大まかに分類すると、
「告知」「社会(政治・経済)記事」「ゴシップ」「文化」の4つになります。
大まかに、ですけれども。

毎日、ツイッターがらみのニュースはチェックしているのですが、この日の傾向を調べてみました。
あくまでこの日(2010年10月27日)という、
多くの人にとって特に大きなイベントも事件もなかったであろう、
とある晴れたけど寒い平日(東京では)での分類です。

調査方法は簡単。Googleニュースで検索条件に「ツイッター」と入れただけ。

どなたでもできます。
さらに、過去24時間と限定しての検索結果、その1ページ目です。
1:「サイボウズLive」、ビジネス向けSNS機能を搭載−ツイッターとの連携も
2:宇多田、過熱報道に「あとは見る人の判断」
3:平野綾が「いいとも!」29日出演 「録画予約した」と反応
4:株式市場、ツイッターで予測可能に?
5:ツイッター、160億円調達検討 米情報サイトで話題
6:今帰仁のカフェや宿ツイッターで紹介 つぶやきで地域活性化
7:Yahoo!トピックス掲載の広告価値ランキング 企業部門1位はツイッター、
広告換算値は3億1100万円
8:夕日の内灘 動画でPR 町商業振興協組北上理事長 ツイッターに投稿
9:【海外サッカー】マラドーナがパウル君の死に過激なつぶやき
「このタコ野郎、お前が死んでうれしい」
10:『ノルウェイの森』、トラン・アン・ユン監督も16年越しの思い!
映画化したいと言い続けていた

どなたでもご覧いただけるのでリンクはあえて貼っていません。

このトップ10を見ていて、
既にツイッターがどのようにビジネス活用されているのか、おぼろげながら見えて来ます。

例えば、1のサイボウズの話。
これはツールとしてのツイッターの利便性を活用したその方法についての「告知」。
2、3、9は「ゴシップ」。
4、5、6、7、8は「社会記事」。
10は「文化記事」。
だいたいこんな感じで分類できるでしょう。

ここで、そもそもの意味での「ニュース」であるはずの、
4、5、6、7、8について掘り下げてみると、
4は当メルマガでもしばしば取り上げる、まなめ氏のIT社会レビュー記事。
5はツイッター社の行動を追って紹介した記事。
ツイッター社の社会的影響力の大きさがこれで分かることでしょう。

6、そして8はツイッターで勢いの増した、地方の町おこし記事。
これはもう無数に今まで報告されていますが、
どれだけニュース性が薄れて来ても(飽きられたとしても)、
ひるむことなく存続していって欲しいニュースですね。

もちろん、単なる賑やかしで終わらないことも願っています。

この分類の大小、これからちょっと定点観測して見ていきたいと思います。

とりあえず、この日のトップ10は、
「告知」:1
「社会」:5
「ゴシップ」3
「文化」:1

という比率でした。

この結果、皆様はどうご覧になりますか?

人気ブログランキングへ 投票ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 21:44| Comment(0) | 統計データなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。