人気blogランキングへ ← クリックご協力いただけると助かります

2010年08月11日

Twitterで呟くことでお小遣いがもらえる

アフェリエイトはあまり興味がない手嶋です。

とはいえ、ツイッターにもアフェリエイトの波が来ているので、ちょっと試してみました。

Tweepieというサービスがある。

Twitterで呟くことでお小遣いがもらえるという仕組みだ。
まぁ、アフェリエイトの一種である。

http://tweepie.jp/

フュージョンテクノロジーが2010年4月から提供しているサービス。
ツイッターユーザーは無料で「Tweepie」の会員になることができ、「Tweepie」サイトにログインした後、クライアント企業が同サイトで提示している商品やサービスについてつぶやくと収入が得られる。

1回つぶやくごとに5円から上限で990円が支払われる。
その支払額は会員個人個人のフォロアー数、フォロー数、アクセス数を基に査定される。

私もやってみた。

1つは1ポイント(1円)のもの。これはおそらく練習用だろう。

---
Q 健康のためにしていることはありますか? http://twps.jp/?q=22_2730 #twp89 極真カラテ。たまに怪我するけど。
---

上の「Q 健康のためにしていることはありますか? http://twps.jp/?q=22_2730 #twp89」が用意されたテンプレで「極真カラテ。たまに怪我するけど。」が私のツイートだ。

もう1つは普通のアフェリエイト。

---
402円でした RT @tweepiejp あなたのツイートの価値はいくらでしたか?http://twps.jp/?c=17_2730
---

上のうち「402円でした」が私のツイートで「RT @tweepiejp あなたのツイートの価値はいくらでしたか?http://twps.jp/?c=17_2730」がテンプレ。

これは、サービスを認知させるためのもので、地域特産品を扱う、バリバリのアフェリエイトもある。

私はアフェリエイトという仕組みは面白いと思っているが、自分でやろうとは思っていない。

blogもmixiもツイッターは楽しみ8割、仕事2割くらいの感じだから。

とはいえ、試験的に1ヶ月くらい、ツイートの5%くらい、Tweepieものを混ぜてみてもいいかな? と思う。

データとか欲しいので。

それから、ポイントは現金にしなくても、慈善事業に寄付もできるみたい。

また後日、報告します。


人気blogランキング ← 参考になったら、クリックお願いします。

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 18:21| Comment(0) | ビジネス新サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

ツイッター上でGoogle Booksがスゴイと話題に

このところ、
人気blogランキングへのひとりクリックと同じ位、
電子書籍の話題がマイブームの海老根です。

いまだにiPadもKindleも持っていない私ですが(家計的に厳しい)、
いざ所持する前に、想定できることはできる限りしておこう、そう考えています。

そういえば知人の会社社長がiPad発売直後に、
「購入できなかったので、せめてケースを購入して大きさに慣れておく」
と言っていました。

これもひとつのシミュレーショニング。
さすがは経営者、と、とりあえず持ち上げておきます。


さて、
数あるiPadのアプリの中でも、やはり気になるのが電子書籍。
やはりツイッター上でも、この話題はよく出ているようです。

そんな中、つい先日のこと。
ツイッター上の誰かのつぶやきが、大きな話題となって拡がりました。



以下、その感想をいくつかピックアップ。

google ブックスがやばい。 Wikipediaを超える暇つぶしになるかも。 http://books.google.co.jp/books12:03 AM Jul 23rd P3:PeraPeraPrvから


Googleブックス。「すげえ」と言いながらあちこち触ったけど、やっぱり精読はまったくしなかった。これからする、きっとする。それにつけてもますます高まる「書影画像」の重要性。 http://books.google.co.jp/books 10:53 PM Jul 23rd webから


あっ・・・また世界が一つ変わった・・・。 http://books.google.co.jp/books 12:58 AM Jul 24th HootSuiteから


どうやってGoogleと出版社連合が和解していったのか、サッパリわからないぞ。かなり日本の本も混じってきたなぁ。http://bit.ly/aqnpHu 2:25 AM Jul 24th ついっぷるから


Google ブックスがけっこういい感じになっている。しかし画像検索といいどうしてこうもサクサクなんだ? http://ow.ly/2fTj6 8:38 AM Jul 24th HootSuiteから



確かに、先日の選挙のときもそうでしたが、
Googleのこのサクサクとした進行速度には驚くばかりです。

IT世界の「速さ」はしばしば話題になりますが、
イコール、こうしたリーディングカンパニーの処理速度とも言えます。

一般人としては、プログラミングなどの(ある意味)特殊技能では、
とてもとてもこうした企業に太刀打ちできるものではありませんが、
情報の共有という観点で言えば、
ツイッター利用はそれに匹敵しうるものです。

ツイッターの創業者がグーグル出身というところに、
それを象徴する何かが存在しているように思えます。

ちょうど「ツイッターが独自データベース構築」というニュースも耳にしました。

これにより回線の安定度が増して、
さらにツイッター利用の利便性が高まれば、
ものすごい速度での情報のやりとりが実現できそうですね。

ちょっと具体的な想像はSF小説みたいになってしまうのですが。

人気blogランキングもどうぞよろしくお願いします。
ニュース「ツイッター、独自データセンターを年内構築へ」の全文を読む
posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 15:35| Comment(0) | ビジネス新サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

つぶやき増で町活性化 ツイッターでのぼり作り誘い込み

手嶋です。
今日のblogの最後に、偉大な作家について紹介したいと思いますが、まずはこの記事。

三重県桑名市を中心とした事業者が集まって、ECについて自主的に勉強していた集まり、非営利の団体のMIT-LabがTwitterの「のぼり」作成サービスを開始しました。

Twitterのアカウントを印刷した「のぼり」を置いて、来店客にアピールする。
そんな「のぼり」を販売する試みがあって、すでに100本以上売れたそうです。

b6069ab7-300x199.jpg


MIT-Labのサービスの詳細はこちら。


中日新聞にも取り上げられたようです。
以下、転載。

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20100623/CK2010062302000017.html

つぶやき増で町活性化 北勢の団体、ツイッターでのぼり作り誘い込み
「ツイッターやってます」。140字以内のつぶやきをインターネットに投稿するツイッターのユーザー名を、水色ののぼりに印刷して来店客らにアピールする取り組みを、北勢地域の団体「MIT−Lab」が始めた。「地域についてのつぶやきが増えれば町の活性化につながるはず」と目標は大きい。

 のぼりは縦1・8メートル、横60センチの大型と、縦30センチ、横9センチほどの卓上サイズの2つ。ユーザー名に加えて「私のつぶやきについてきて」という意味の「Follow me」を入れ、ネット上のつながりに誘い込む。ツイッターを日本で運営する会社に承諾を得たばかりだが、既に100本以上の注文を受けている。

 実店舗の“売り”をネット上の話題につなげようという取り組み。MIT−Labのセミナーを受けた人に実費で分けている。詳しくはホームページ(http://twittermie.com/)へ。 (小林迪子)


さて、今日の呟き紹介。
flurryさんのツイートです。偉大な作家の夢をかなえた男の壮絶な人生に私は胸を打たれました。

『ある若い男が偉大な作家になりたいと話していた。「偉大な」とはどういう意味かとたずねられ、「世界中の人に読まれるもの、人びとが心の底から反応するようなものを書きたい。人びとが苦しみと怒りで泣き叫ぶようなものを」と答えた。その男はいま、マイクロソフトでエラーメッセージを書いている』



人気blogランキング ← 参考になったら、クリックお願いします

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 22:53| Comment(0) | ビジネス新サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ツイッター社のビジネス参入

お蔭様で、人気blogランキング常連になってきました「ついび研」、風邪っぴきの海老根です。

隣の席の同僚が昨日はしていなかったマスクを今日しているのは、なにかの因果関係でしょうか?

さて昨日、熱にうなされる私の目に飛び込んだのが以下のニュース。

---「ゆかしメディア」2010年04月14日 16時00分---
 米国発のミニブログサービス、ツイッター(Twitter)は13日、ネット広告事業に参入することを発表した。世界中で利用者が急速に拡大しているものの、使用が無料のために、事業モデルとしてはまだ未確立。収益化に動き出したことで、今後は大きなビジネスハブになる可能性を秘めている。

 サービス名は「プロモーティッド・ツウィーツ」。企業の広告を、最大140文字の「つぶやき」で、検索キーワードに連動して検索結果の最上段に1件だけ表示するというものだ。

 すでに、米家電量販店ベスト・バイや、ソニー・ピクチャーズ、スターバックスなどが契約を結んでいる。ツイッターは開設当初から、広告ビジネスには否定的だった。それは、ユーザビリティーを重視したためだが、ユーザーの検索につき1件だけの表示と妥協したことで広告ビジネスに踏み切った。

 ツイッターは現在は世界では1億人以上、日本でも300万人以上が利用。首相や閣僚をはじめとした公人や、著名経営者らも使っている。ユーザーの男女比は男7:女3、年齢層では35歳から44歳までが4割以上に上るという。



ついに本丸が動き出しました。

ビジネス活用、という観点からツイッターを多角分析する我々ですので、
このニュースには浮き足立ちました。

Googleの検索連動広告のようなものかと思っていたのですが、
実際には、「検索」をした際にその検索結果の最上段に表示される・・・

ってこれ、Adwordsとシステム上なにか違うのでしょうか?


違いを挙げるとすれば、

Googleの利用はその主目的が「検索」であるのに対し、

Twitterは「つぶやく」こと。
 「検索」をすることはあってもそれは二次的な段階での話。

どちらも一定の「意思表示」であることには違いはないのですが、
購入や調査の意志を持っているGoogleユーザーと比べ、
その意志が薄いツイッターユーザーにどれだけ訴求できるのか。

このあたりも含め、ツイッター社では「実験段階」としているようです。

それでも、例えば
参入に名乗りを上げている米スターバックス社やナイキ社、オーストリアのRed Bull社などは、
検索用語が自社製品にまったく関係なくても、投資する価値はあるという考えのようです。

実際にどのような活用されていくのか、当会はバッチリと注目していきます。



人気blogランキング←注目したいと思った方はクリックを!!


posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 15:16| Comment(3) | ビジネス新サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

Twitterを利用した無料採用支援WEBサービス

就職活動をしたことがなく、最初に入社した会社は、俳句の知り合いがやっているところにコネで潜り込んだ手嶋です。こんにちは。

Twitterを利用した無料採用支援WEBサービスが出たようです。

プレスリリースの詳細は、この記事の末尾の袋とじに入れてありますので、ご興味がある方はどうぞ。

要約すると、これはリクルッターというサービスで

企業は、自社のTwitterアカウントで「リクルッター」に、企業名・業種・採用人数・採用方針などの基本情報を登録します。

同様に、学生は自身のTwitterアカウントで、「リクルッター」に卒業予定年度・文系理系・志望職種・自己PRなどを登録します。

これで、マッチングをはかるようです。

ツイッターの機能を補完するサービスとしては、TCP/IPの上に、httpやらpopやらsmtpといったプトロコルが乗る感じで、IT的には馴染みがある形にも思えます。

普通「つぶやき」と区別するために、ハッシュタグ「#recruitter」をつけるらしいけど、どうなんでしょうね。

もしかして、企業は必要に応じて、複数のtwitterアカウントをとった方がいいのかもしれません。

しばらくは「ツイッター」というだけでニュースになりそうですから、まぁ、やったもん勝ちでしょうね。


人気blogランキングへ ← いつもクリックありがとうございます。お陰さまで38位まで、上がってきました。

プレスリリースの全文はこちら
posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 19:45| Comment(0) | ビジネス新サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。