人気blogランキングへ ← クリックご協力いただけると助かります

2010年09月08日

ビッグローブと日経リサーチ、ラー油からTwitterのクチコミ伝播を分析

浜田省吾の「Money」を歌うと、魂の叫びだと思われる、日々心外な気持ちを胸に、恵比寿を漂う手嶋です。こんにちは。

マイコミがblogに引用しやすいタグをつけているので、試してみた。




詳しい記事の内容は上を読んでほしいが、ピックアップしたい情報はこちら。

>Twitpicをはじめ、画像共有サイトの引用が目立った

RTされるツイートをみてみても、文章だけでRTされるものが多いが、ほとんどが有名人のものである。
それを差し引くと、体感的には、写真の方がRTされ、返信もつきやすい。

それがデータで実証された、という小ネタ。

人気ブログランキングへ ← クリックよろしくお願いします

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 16:10| Comment(0) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

書籍の帯をtwitterで募集

出社するために、玄関に向かう。
すると毎朝、ドアのところで猫が寝転がっている。
キボトーが会社に付いてこようとするのである。
そんな戦いの毎日の手嶋です。
こんにちは。

さて。

書籍の編集者に対して、どんなイメージを持つだろうか?
彼らは文章が達者な印象があるが、実は彼らはほとんど文字を書かないらしい。

そして、唯一書くのが「書籍の帯」。

そんなことを知り合いの編集者から聞いたことがある。
その出版社だけかもしれないけど。

でもって、ついに、この編集者の最後の文字書き仕事(?)も開放(?)されたようだ。

2010年8月23日、楽天が運営する書籍通販サイト「楽天ブックス」の企画として、書籍に付ける「帯」の文言をtwitterで一般募集すると発表した。

対象は百田尚樹氏の「永遠の0」(講談社文庫)。
9月6日午前10時までの投稿から百田氏が優秀作品を1つ選定。
楽天ブックスが9月下旬に出荷する同作品3000冊に、オリジナルの帯を付ける。

ハッシュタグはこちら

#rbeien0

検索をかけてみたところ、2010年8月23日現在、7件だけ表示(※Twitterの検索機能のいい加減さは侮れないが)。

100822book.jpg

この手の企画って確かに面白そうなんだけど、私の感覚では90〜95%くらい失敗する。

とはいえ、成功事例もある。
たとえば、mixiで展開されたホンダのCR-Zなんか、そうだろう。

今回の帯。
twiterと帯って親和性が高そうだから、あるいは広まるかも。

これは楽天の企画だけど、アマゾンのレビューとツイッターが連動してくれたら、それはそれで便利だし。


人気blogランキング ←参考になったら、クリックお願いします。

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 15:23| Comment(0) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

リツイート(RT)の実験

混雑が苦手で苦手で仕方がない、
300万人都市の横浜生まれ横浜育ち、
現横浜市民の海老根です。こんにちは。

ところでGW明け、人気blogランキングを見てみたら、2位にランクインしていました!!

クリックしてご覧いただいたら、もしかしたら1位かも!?
ありがとうございます。


さて、混雑が大好きな私ですが、
やっぱりこのGWは遠出せず、近場の動物園に行きました。

惨憺たる様相でした。

予想はしていましたが。

それというのも、原因はやっぱり混雑と疲労。

混雑による疲労か。
それとも、疲労しているからさらに混雑するのか。

どちらが先か分かりませんが、いかんせんこのシナジー効果にはホント辟易します。

例えば、
凶暴化したベビーカーに足を轢かれ、尻を突かれ、つまずきを誘発され、細かく足を削られる。

狭い通路では全く避ける気配も無く立ちはだかる(スミマセン言ってもどいてくれない)。

遠くの動物を見ているとはしゃぐ子供に後ろから体当たりされる。
しかもそれがちょうど膝の裏で、いわゆる「膝カックン」。
それが数発。予測不可能。

柵やガラスをドンドン叩く子供に「ダメだよー」と優しく注意すると、その親から舌打ちされ、去り際にやはりベビーカーで足を轢かれる。

変わった動物・人気の動物の檻の前は自然渋滞。
かと思うと渋滞の先頭では子供が大泣きしているから事故渋滞?

日陰となる場所を求めて、父親達の仁義なき戦いが繰り広げられ、
空いているベンチはまるで席取り合戦。
しかも参加者はジジとババ。

いやほんと、清々しい初夏の天気の下だってのに、人間って・・・と思うことの連続でした。

子供が生まれても、このへん気をつけよう。そう妻と誓い合いました。

これも含めて『動物園』と名付けたのだとしたら、命名者はきっと神様ですねこりゃ。あーあ。

と、言いたいことはまだ山ほどあるのですが、
ツイッターとあまりにも関係なさそうなのでこのへんで。


で、本題のRT(リツイート)について。

公式RTと、手打ちRT(返信RT)というものがあります。

どちらも表向きはRTであることには変わりないのですが、
若干意味合いが異なります。

公式RTは単純にその元ネタが拡散するのに対し、
手打ちの場合はそれに誰かの意見が挟まれるわけです。

さらに、公式RTの場合、その拡散具合が集計できます。
手打ちRTの場合、手作業で頑張れば集計できますが、非常に面倒です。

結果的に、発信者としては、
他のより多くの誰かに読んでもらうことが目的だったりしますので、
どちらでも良さそうなものなのですが、
まあ、上のような理由で区別されています。

ちなみに、この「公式RT」ですが、ツイッターのホームページ上からしかできない?様子?です。

ということに最近気付いたので、こうしてご報告しています。

普段私はHootSuiteというクライアント(外部サービス)サイトを用いてツイートしているのですが、
このサイト上でRTボタンを押しても、「公式」とは認定されていない様子でした。

その結果が以下の画像です。
海老根のツイッターページです。
100506_01.JPG

やっぱり、「公式」というからには、
いくら使い勝手がよくても「公式」でないものからはできない、というのことなのでしょうか。


各種クライアントが乱立状態ですが、
可能な限りこの状況、追っていきたいと思います。

もしかしたらクライアントアプリの弱点かもしれませんね。
ツイッターの弱点と言えるかもしれませんが。

動物は好きだけど動物園は苦手、という方、
人気blogランキング←クリックして応援お願いします。

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 15:37| Comment(0) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

ツイッター機能で虎ファン狙え、阪神がケータイ端末発売

球団がツイッターと連動した携帯端末を出したみたいです。

ソーシャルメディアを使うなら、iPhoneがトドメをさしている感がありますが、こういうアプローチなら、ありですね。

試合中はツイッターで川藤氏や亀山努氏、中田良弘氏ら人気OBと意見交換できる、というのはファンには魅力があるでしょうし。

「コアな阪神ファンは100万人以上いるとみられ、2〜3割を取り込みたい」とありますが、仮に20万人を組織化できると凄いことですね。

野球に限らず、サッカーや極真カラテ、どんなスポーツ、大会でも使えそうだし。

ハードは古くなりますが、twitterで組織化された部分は色々とマーケティングにも使えるでしょうし。


人気blogランキングへ ← クリックお願いします!

以下、asahi.comから
http://www.asahi.com/kansai/sports/news/OSK201005010067.html
 プロ野球・阪神タイガースは30日、初めての球団公式携帯電話「Tigers(タイガース)ケータイ」を5月24日に売り出すと発表した。本体には球団ロゴが刻まれ、川藤幸三氏らOBと交流できたり、選手の最新写真が自動で待ち受け画面になったりと「これまでなかったファン垂涎(すいぜん)のサービス」(関係者)を盛り込んだ。

 端末開発や回線の使用ではKDDI(au)と協力。通信事業のインフォニックス(東京都)と共同で事業化した。シャープと東芝製のau端末をベースにした4機種から選べる。試合中はツイッターで川藤氏や亀山努氏、中田良弘氏ら人気OBと意見交換できる。甲子園球場の全試合を対象に限定チケットも用意され、入手困難な巨人戦や土日の試合など甲子園一塁・ライト側のチケット4340枚を特別に販売するという。

 料金体系は基本的にauと一緒だが、専用サービスを受けるためには月額税込み630〜1155円の追加料金が必要。ホームページから購入でき、5月10日から予約を受け付ける。

 インフォニックスは「コアな阪神ファンは100万人以上いるとみられ、2〜3割を取り込みたい」。6月30日からは読売新聞東京本社と協力して同様のサービスの「GIANTSケータイ」も販売する。(石山英明)

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 18:51| Comment(0) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

ついび研のツイッタービジネス活用術

もう風邪なのか花粉症なのかただの鼻炎なのかちくのう症なのか、
鼻水が流れっぱなしの海老根です。あ"−鼻呼吸できないのがしんどい。

いきなりすみません。

ところで週明けの今日人気blogランキングを見てみたら、6位にランクインしていました!!クリックしてご覧いただいたら、もしかしたらランク変更しているかもしれませんね!!

ちなみに、
一位の「ツイッター総研(つい研)」さんとは名前は似ていますが別組織です。
相互リンクさせていただいているので、これからもお互い刺激しあって、良い情報を皆様にお届けできればと思っております。

さてさて。

ツイッターのビジネス活用。
これまで様々な事例を紹介して参りました。

あるところは広報として。
あるところは採用活動に。
またあるところは、社長自ら顧客対応をし、
さらにあるところは、リアルな集客ツールとして。

今後さらにバリエーションも増してくると思いますし、
そうした事例が生まれることに嬉しく思う我々なのですが、
そういえば自分達でツイッターをビジネスに活用していないではないか明智君と思い立ち、
ああそうだね信長君、
それはいいじゃない家康さん、という感じで(?)、
研究会員でオンラインツイッター会議をやってみました。


お題は「ついび研の社会貢献」(真面目です)。
日にちは先週金曜日、4月23日。
時間は17:00-17:40の40分間。

100426_01.JPG

詳しいツイートは #tsuibiken のハッシュタグで検索していただけます。
http://twitter.com/#search?q=%23tsuibiken


同じ部屋にいたりする人間同士がツイッターで会話をする、
なんだかちょっと近未来的な様相だったことかと思います。

一部「意味あんのか?」なんてご批判もありましたが、
実際にはかなり大きなメリットがあるものでした。

そのわけは、
1、発言が全て可視化でき、記録として残る
2、リアル会議だと遠慮して発言しない人も発言できる
3、URLを貼り付ける事で、話の展開を早くできる


あと、期待したけど実際には実現しなかったこととして、
4、その場にいない誰かの有益な情報を仕入れる事ができる

だいたいこんなところでしょうか。


では逆に、デメリットとして、
1、タイピング速度に慣れる必要がある
2、「#」の使い方に慣れる必要がある
3、悪意ある他人からの横槍が入ることもある


といったところが認められました。

次に、
これは良くも悪くもある、ツイッターならではの特性とも言えるのですが、

1、タイムラインが流れ去るスピードが速いと、自分の発言も流れ去る
2、発言しようとしたことも、タイピングして発言に至るまでの間に、もう別の話題に進んでいることもある
3、リアル世界での交渉術でよく用いられる「声の大きさ」や「勢い」などといった駆け引きが使えず、そのため会議としてまとまらない可能性もある



やはりツイッターですので、
1、即時性 2、公開性 3、公平性

これらどの本にも書いてある特性が、ここでも諸刃の剣として発現されたわけです。

次回へのフィードバックとしては、
・事前に公開か非公開かを設定し、それに応じた言葉遣いや発言をする。

に留意して、また開催しようと思っています。

なお、当ついび研のボランティア活動は、本気で実行しようと思っています。
今後も定期的に会議を開いて行きますので、ご興味ある方はご遠慮なく発言いただければ幸いです。

忌憚なきご意見お聞かせください。

ある程度方向性がまとまったら、togetter上にてフィードバックしたいと思います。


ご参考になりましたでしょうか?
よかったら人気blogランキングへの投票をお願いします!!

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 12:05| Comment(0) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

「続きはツイッターで」  新手法CMが登場

欲望のおもむくままにドラクエをやって、クライアントと約束した見積もりの期日をぶっちぎったことがある、刹那主義の手嶋です。

単にだらしないというよりも、刹那主義というか、なんとなくスピード感もあって、仕事デキル男っぽくて良くないですか?

ちなみに、ドラクエのサンディ。
うざかったんですが、クリア後に再会したとき、自分がこの薄汚いビッチに恋をしていたことを知って愕然としたこともここで告白しておきます。

おはようございます。

人気blogランキング ← サンディ、だんだん慣れてくるよね! という人はクリックお願いします。

ま、それはいいとして。

コカコーラといえば、ツイッターで、米国のペプシとコカコーラが相互フォローして話題になりました。

日本のようにコーラといえば98%コカコーラとは違って、米国でのペプシとコカコーラのシェアは近く、また、米国は比較広告が盛んです。

日本よりも強烈なライバル意識があると思われる2社が相互フォローというのは、たとえば吉野屋とゼンショーの相互フォロー(2010年4月現在、吉野屋ってtwitterアカを発見できないので、ないのかな?)よりもずっとインパクトがあったのでしょう。

そんな話はさておき。

日本コカコーラが新しいCMをやりました。

以下、J-CASTニュースから。
http://www.j-cast.com/2010/04/15064623.html?p=1

テレビコマーシャルとウェブサイトを連動させる手法に、変化が出始めた。これまでは、ウェブサイトに誘導して詳しい情報を見てもらうため、コマーシャルの終わりに「続きはウェブで」とナレーションが入り、ウェブ検索用のキーワードが表示されるのが一般的だった。

これに対して、「続きはツイッターで」というコマーシャルが登場した。1回140文字限定で投稿するテキスト中心のツイッターで、どのような効果をねらっているのだろうか。
画面下に「twitterで小説配信中!」と表示
宣伝ポスターにも、ツイッターとの「連動」をうたっている
宣伝ポスターにも、ツイッターとの「連動」をうたっている

本能寺に乗り込んできた敵の集団を間近にして、部屋で悠々と缶コーヒーを味わう織田信長。傍らにいる濃姫の呼びかけにも「慌てるでない」と逃げる気配もない。すると、敵が射掛けた矢で2人の背後にあった掛け軸が下に落ちる。現れたのは「非常口」――。

缶コーヒーブランド「ジョージア」の新製品テレビコマーシャルは、このようなコミカルな内容になっている。注目は最後の1コマだ。炎上する本能寺を外から見つめる2人のシーンの画面下に、「twitterで小説配信中!」と表示され、「本能寺は変」で検索するよう視聴者に促している。誘導先は製品の特設ウェブサイトで、ここまではよく見られる手法だ。サイトにアクセスすると、今度は「小説」を配信しているというツイッターのページのフォローを呼びかけている。

小説内容は、コマーシャルとの直接的なつながりはない。話の語り手として「つぶやく」のは信長ではなく、サラリーマンの「譲司阿太郎(じょうじ・あたろう」というキャラクター。缶コーヒーを買おうと自動販売機のボタンを押した瞬間に異変が起きて、気づいたら織田信長になりかわっていたという設定で、物語が展開していく。


「ウェブを補完」程度の期待なのか

「ツイッターで小説」が、商品の販促にどのようにつながるのか。日本コカ・コーラ広報本部によると、最初から「ツイッターありき」の広告戦略ではなかったとする一方で、若者を中心に利用者が増えているツイッターを使って仕掛けることで「話題が広がっていく可能性を感じました」という。ユーザーが「この小説おもしろいね」などとつぶやいたり、小説の内容をユーザーが「リツイート」(情報の再投稿)したりすることで、口コミのように商品の話題が広がっていく効果を期待したようだ。

小説という形式にしたのは、長編ストーリーを少しずつ出していくことで長期間、話題性を保たせるねらいだ。短い文章に区切って、気軽に読んでもらいたいとの意図もある。語り手のキャラクターも、「濃姫」をはじめ日替わりで変えていき、2週間にわたって話を続けていくという。

しかしこの試みは、コマーシャルから直接ツイッターの小説ページに誘導するのではない。いったんウェブサイトにアクセスさせる「続きはウェブで」と同じ手法なのだ。同広報本部は、「いきなりツイッターの『キャラクターページ』に飛ばしても、商品の説明がないのでユーザーは何のページだか意味が分かりません」と話す。

一方で、最初に特設サイトに誘導する理由は「まず商品に触れてもらいたい」というのが本音だ。ツイッターはまだウェブサイトを補完する役回りしか期待されていない、ともいえそうだ。今回の取り組みで成果が上がれば、今後ツイッターを本格的な「販促ツール」として直接コマーシャルからリンクさせる企業が現れるかもしれない。


基本的にweb誘導なんですが、まあ観てください。

100417-c0.JPG

※上クリックで動画観れます。

で「本能寺は変」で検索すると

100417-c1.JPG

出てきて、クリックすると、こんな感じ。

100417-c2.JPG

まずは商品のwebをみせて、それでツイッターへ誘導。

100417-c3.JPG
※画像をクリックすると拡大。twitterのアカウントは↓をクリック。
@george_ataro

現在、2010年4月16日8:31現在、フォロワーは

3138

※6月9日に再度計測したところ、3,259のフォロワー数でした。ほとんど、伸びていないのですね。

これ、定点観測すると面白そう。

やはり、圧倒的にテレビという媒体の伝播力は凄まじいものがあります。
このテレビCMで、いったいどのくらいフォロワーを増やせるか?
オンエアの時間や回数を知りませんが、ひとつの目安にはなるかな? と考えています。

思ったより、増えないんじゃないの? と思った方、クリックお願いします → 人気blogランキング


posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 08:41| Comment(3) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

ツイッター県内浸透 情報発信や人脈づくり

日曜日もtwitter三昧で、カラテの稽古がおろそかになってる手嶋です。こんにちは。

静岡の「パワーエイト」という会社さんが、2月下旬、県内のツイッター利用者の居住地をインターネット上の地図に表示するサービス「しずおかソーシャルメディア コバン」を立ち上げたみたいです。

地域活性化につながるかもしれませんね。

現在、405人が登録しているとのこと。
半年後、このサービスがどうなっているか、個人的に注目したいと思ってます。

「コバン」のTwitterアカをみたら、なかなか素敵だった。
背景をちゃんと使う、というのは大切だと思います。
ついび研も準備を進めていますが「ある方」(4/20に名前出します)にロゴを頼んでいるので、その仕上がり待ちです。

いずれにしろ、Twitterでは、いままでのweb以上に背景が大切になります。特にビジネス活用をするならば。

100411-shi.JPG
※上の画像はクリックで拡大
@coban_media ← ツイッターアカへのリンク

そのうち「こいつはスゲエ! 背景アカ20選!」とか、ついび研でやってみたいと思います。

くだんのサービスは、googleマップと組み合わせて、こんな具合。

100411-map.JPG
※上をクリックすると拡大
COBAN ← COBANのサイトへリンク

旅行に行って、実際に現地でiPhoneで近場のお店をみつける、なんて、面白そうだと思いました。


人気blogランキングへ ← 参考になった方、クリックお願いします。


以下、静岡新聞のサイトより
http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20100411000000000009.htm

ツイッター県内浸透 情報発信や人脈づくり
04/11 07:40
 簡易ブログ「ツイッター」の利用者が県内でも増えている。日常生活を紹介したり、自身や自社の活動を情報発信したりするだけでなく、人脈づくりや知人、友人間の情報共有など使い道はさまざまだ。
 企業や自治体のウェブマーケティングを支援する「パワーエイト」(静岡市駿河区)は2月下旬、県内のツイッター利用者の居住地をインターネット上の地図に表示するサービス「しずおかソーシャルメディア コバン」を立ち上げた。
 表示を希望した登録者は9日現在405人。山本剛史社長(43)は「居住地点が近い利用者同士で交流を深められる。私自身も含め現実の場面での人脈づくりにも役立っている」と話す。
 伊東市宇佐美でペンション「シーサイドリゾートシーベアー」を経営する岸本昭男さん(34)は2009年末から、調理風景や客室の清掃の様子など宿の「舞台裏」をツイッターで紹介している。「宿の良さを誇張をせずに具体的にアピールできる。ツイッターを見て予約してくる客も増えつつある」と効果を挙げる。
 鳩山由紀夫首相をはじめ国会議員の利用が話題になる中、県議にも愛好者がいる。源馬謙太郎氏(平成21、浜松市東区)は09年6月から、1日に10〜20回更新している。「普段、有権者に語る機会の少ない理念や政策を発信している。若い世代だけでなく80代の男性からも返事が来る」という。
 一方で、情報の信頼度を疑問視する声もある。クリエーター集団「プラネットプランター」(静岡市葵区)代表の間健太郎さん(37)は09年10月から、ブログやホームページと連動させ、活動の広報手段として活用している。「不特定多数に情報を伝えるには有効」と話すが、「中には別人をかたる『なりすまし』や広告まがいの投稿も多い。有益な情報だけが集まるわけではない」と指摘する。

 ツイッター パソコンや携帯電話で140字以内の短文を利用者同士でやりとりするインターネットサイト。米ツイッター社が2006年にサービスを開始した。名前やメールアドレス、パスワードの登録が必要。インターネット調査会社「ネットレイティングス」(東京都)の調査で、国内の登録者は約562万7千人(2月現在)
posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 19:01| Comment(0) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

縦書きのツイッター 〜140文字の可能性に挑戦する 第2話

営業から面談、見積り提示から契約、
など、営業フローの全てをツイッターでやりとりしたらどうなるだろう?

そんなことを考えてみた海老根です。こんにちは。

お蔭様でランキングも上がりました→人気blogランキングへ


ビジネスで使うならなおのこと、「140文字」は侮れません。

多くの人は多くの他人をフォローしたりして自分なりのTLを作りあげます。しかし、全部のTLを追うことはほぼ不可能。

私もフォロー数200程度と、決して多くもないのですが、はっきりってもう既に限界超え。

ついび研メンバーのつぶやきすらスルーしてしまうこともしばしばです。

Eメールと異なり、送ったら必レスポンス、というものではないのがツイッターですので、こういう使い方で十分OKだと思っているのですが、

だったら、
【膨大なTLの中でも、目に付くようにすれば良い!】

と単純な私は思ったわけです。

というわけでいろいろ実験してみました。


▼縦書きに挑戦

-----------------------------------------










-----------------------------------------

と入力。

しかし、表示されたのは、
 ↓↓↓
-----------------------------------------
あ い う え お か き く け こ
-----------------------------------------

失敗。

では改行2回くらいならどうだ、ということで

-----------------------------------------



-----------------------------------------
 ↓↓↓
-----------------------------------------
さ し す
-----------------------------------------

とまたも失敗。

では改行1回では?

-----------------------------------------


-----------------------------------------
 ↓↓↓
-----------------------------------------
せ そ
-----------------------------------------

とことごとく失敗。
しかもなぜか、文字間に半角のスペースが挿入されます。


つまり、縦書きムリ。全然ムリ。


ということは、アスキーアートもムリ。ということです。

試しに、

-----------------------------------------
 ∧∧∧
( `皿´)<アスキーアート失敗?
∪    つ
| | |
(__)_)
-----------------------------------------
 ↓↓↓

100408_00.JPG
案の定、失敗でした。無念。


仮に改行が反映されるとしても、
使用しているブラウザやクライアント
(海老根の最近のお気に入りは、HootSuite http://hootsuite.com/
によって表示方法も違うので、この方法は上手くいきません。

このへん、メルマガなど旧来のウェブ広報とは異なるところですね。

あ、でも、一行で収まる程度の顔文字、この場合、
-----------------------------------------
( `皿´)<アスキーアート失敗?
-----------------------------------------
の部分だけなら使えますね。


ビジュアルに(あまり)頼ることができない、
という特徴が挙げられるのと同時に、

やはり、文章力にかかる比重は大きい、と言えます。


▼絵文字は?

絵文字というところでは、以下がありました。
@yabu777さんのツイート
100408_01.JPG


ちょっとまだ全てのブラウザやクライアントで試しているわけではないのですが、
今のところ、
FireFox 3.6.3、
Google Chrome 4.1.249.1045はOK。

クライアントならHootSuite では表示可能でした。

みなさまのところではいかがですか?


なお、
顔文字の元祖?英語版のスマイリー( :-) みたいなの )も使いようによってはいけるでしょう。

そもそもアメリカで生まれたサービスですので、
このへんの適合性はいいようです。
(文末の「外国版顔文字(スマイリー)一覧」に格納しています。)

当然ですね。

番外編として、先日の手嶋からの投稿にもありましたが、
100408_02.JPG

@HENACHOKorzさんのツイート
厂下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下厂下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下厂
------------------------------------------------------

こういう仕掛けに、さらに意味が加わればまた面白いですね。

以上のように、表現上の限界に挑戦する試みを随時行っています。

なにか思い付いたり、既に使っている手法があれば、ぜひ共有しましょう!

ハッシュタグは #challengingtwitterでの投稿、お待ちしています。

【海老根のアカウント:http://twitter.com/ebine_tbiz

人気blogランキングへ

外国版顔文字(スマイリー)一覧
posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 15:38| Comment(0) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

リアルタイム動画セミナーにみるtwitterの将来性と外部サービス

友達がmixi日記で紹介していた記事を転載します。


 50代とおぼしき男性が、中小企業を訪ね、そこの社長に採用面接を受けた。

 社長「履歴書を見る限りよくわかりませんが、自信をもって何かできることはありますか」

 男性「?」

 社長「ですから、手に何か技術をお持ちですか。あるいは財務関係にはかなり詳しいとか」

 男性「そうですねえ。そうしたものは特にありませんが、“部長”ならできると思います」


100331-yaru.JPG

当たり前だけど、この人、落ちまくったみたいですが、伝説は残った。

伝説になるのは迷惑だけど、こんな風に年をとれたらステキだな、なんて夢見る手嶋です。こんにちは。

良かったら、応援クリックお願いします。 → 人気blogランキングへ


さて、先週末の休日。
いつものように、自宅で必死になってエロ画像を収集していました。すみま千円。

画像収集のプロジェクトを進めながら、twitterのタイムラインをぼーっと眺めていたら「5分後にはじめますよー。オンラインセミナー」と、突然アナウンスが流れたのだ。

先日blogでも紹介したが、山形の方だ。偶然。

http://jptwitter.seesaa.net/article/144761963.html ←その記事

ネットのビデオセミナーというのは何度か経験があるけど、完全なリアルタイムというのは恥ずかしながら初めての経験だった。

とにかく面白いと思ったのは、ツイッターのアカウントとリンクしていて、ログインすると、ライブをみている人たちとも会話ができるところ。うまい具合に外部サービスを取り入れている。

100328-ogata.JPG
※クリックすると拡大画面

さらに、質問をすれば、その場で、講師が答えてくれる。

リアルのセミナーだと、その場にいても、講師の話をさえぎって質問する人はいない。
しかし、ライブ動画にチャットが連動していると、話の腰を折らずに、ユーザーが普通に参加できる。

テレビに話しかけたら、ブラウン管の中の人が、返事をくれた、みたいな新鮮な違和感があった。

ネットのテクノロジーとしては普通で、15年前のCU-SeeMeからはじまって、スカイプ、携帯のテレビ電話と経験してるんで、システムとしては驚くほどじゃない。
だけど、あまりヘビーに使っていないので、驚いた。
ってか、驚いてんじゃん! 俺!

話を戻す。

アダルトサイトだと、おそらく昔から使われている手法だろう。

ただ、
個人的な趣味を申し上げるようで、
甚だ恐縮ではありますが、
アダルトライブチャットとかよりも活字のエロ小説の方が好きだ
官能小説イイ!
そんな趣向のせいか、いままで相対したことがなかったメディアであった。
デジタルの前に性癖という名の慄然としたデバイドが、私の前に高い高い山として聳え立っていることを、ここに告白したい。

まぁ、ツールってのは使いようだよね。
たとえば、携帯もそう。
あの機能、全部使ってる人いる?
とてつもなく高機能をそなえた日本の携帯電話。
実は、世界の携帯市場からは取り残されており、国内だけで発展を続けている。
このような狭い地域で進化を続ける様を「ガラパゴス島現象」と言うらしい。
あの島はかのダーウィンが進化のモデルとしたことでも知られているが、あの狭い範囲で完結してるらしい。

ただ、このガラパゴス島現象は、実は携帯に限った話ではない。

話がもとに戻って恐縮だが、さきほどのエロ小説(まだ言うか?)。

疑問&不満に思うのが、なぜにエロ小説は、近親相姦が多いのだろうか?

そこらへんノーマルな私としては、
狭い世界で勝手に発展・進化されて、
行き着いた先が「近親相姦」じゃあ、迷惑なだけなのだが・・・

女教師調教はわりと好きです。

ご愛読感謝。

人気blogランキングへ ← 調教の手をゆるめないで! ぽちっとね!

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 13:04| Comment(0) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

ツイッターで青森県をPR コメント集めて公開

ツイッターで青森県をPR コメント集めて公開

 青森県は県庁のホームページに、ミニブログ「ツイッター」上で交わされた青森県に関係するコメントを集めたコーナーを設けた。県民や関心を持つ人の「つぶやき」を互いに見られるようにすることで、情報交換や地域のイメージ向上にも役立ててもらう。

 ツイッターでは末尾に「〜なう」と付ける文体がはやっていることから、コーナーは「あおもりすと なう」と名付けた。17日時点では「今日は雪がすごい」といった見聞や津軽塗のPRなどが表示されている。

 ツイッターは短い文章を手軽に情報発信できるため、急速に普及している。青森県は昨夏、都道府県では初めて県政情報の配信に導入した。これに加えてネット上に散らばる青森に関する書き込みを集め、地域振興につなげる狙いだ。(15:04)

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100317ATFB1700P17032010.html
posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 22:36| Comment(0) | 実験・試み・取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。