人気blogランキングへ ← クリックご協力いただけると助かります

2010年09月22日

世界的猛威を奮ったTwitterマウスオーバー・バグ

手嶋です。

Twitterマウスオーバー・バグ、おさまったようですね。

以下、毎日jpより転載

ツイッター:不具合発生を陳謝 意図しないつぶやきを拡散

 簡易型ブログ「ツイッター」を運営する米ツイッター(カリフォルニア州)は21日、セキュリティー上の弱点を悪用した不具合がツイッターで発生したことを同社ブログで公表して陳謝した。不具合を確認したのは21日午後6時54分(日本時間)で4時間ほど続いたが、午後11時までにほぼ解決し、22日午前1時過ぎには小規模な不具合も含めて対応を完了して修復した。同社は、何者かが利用者のつぶやきを自動的に拡散していくプログラムなどを書き込んだと説明した上で、「コンピューターやアカウントに対して危害を加えることはなく、登録情報の流出もなかった」としている。

 悪用されたセキュリティー上の弱点は「クロスサイトスクリプティング」と言われ、悪意のあるプログラムのコードを、ウェブサイトを閲覧しているブラウザーに送る仕掛け。閲覧者のコンピューターで実行される危険があり、今回は、簡易なプログラムとして多くのサイトで利用されている「Javascript」(ジャバスクリプト)のコードを投稿して、他の利用者のブラウザー上で実行させようとした。【毎日jp編集部】


これだと、どんなバグだったか分からないと思いますが、たとえば、こんな被害がありました。

ブラウン元英首相夫人のTwitter公式サイトは、巨大な英文字「h」が出て、日本のポルノサイトに自動リンク。

Twitterのサイトのクロス・サイト・スクリプティング(XSS)のバグと、javascriptのonMouseOver機能の脆弱性を突いたワームです。
チカチカ目立つテキストでユーザーを釣り、ユーザーがリンクをマウスオーバーすると自動的にリツイートされる、という仕掛けでした。

とりあえず、修正は終わったようで、何よりです。

なお、Hootsuite、iPhoneのアプリなんかを使っている場合は、被害はありません。


人気ブログランキングへ ←投票ご協力お願いします。


<追記>
以下、twitterの公式blogから引用
http://blog.twitter.jp/2010/09/blog-post_22.html

「マウスオーバーの」問題についての全容
3119310654374218689
2010年9月22日水曜日

概要: 日本時間の9月21日午後6:54に Twitter におけるセキュリティ上の弱点に対する
悪用が30分前より発生していることを確認し、即座に問題の対応にあたりました。日本時間21日午後11時までに問題の主要因を解決し、22日午前1:15にホバーカードに関連した小規模な問題も解決が完了しました。

詳細: 昨日夜に発生したセキュリティ上の弱点を付く悪用は、クロスサイトスクリプティング (XSS) によって引き起こされる問題です。クロスサイトスクリプティングとは、危険のあるサイトから他のサイトにプログラムコードを配置する手法です。今回の場合、ユーザーが JavaScript コードを文字列としてツイートの中に設定した上でツイートを投稿し、他のユーザーのブラウザ上でその JavaScript コードを実行させようとするものでした。

先月、私たちはこの問題を発見し、パッチによって問題を修正しました。しかし、最近のアップグレードによってこの問題が再度、発生してしまいました (このアップグレードは、新しい Twitter とは関係ありません)。

日本時間の昨晩、ユーザーがこのセキュリティホールに気づき、Twitter.comにてそれを悪用しました。まず、誰かがアカウントを作成し、この問題を悪用しました。具体的には、そのツイートのリンクにユーザーがマウスオーバーすると、ツイートが異なる色に変化し、テキストを表示したポップアップ画面が表示される仕組みでした。このため、「マウスオーバーの」問題と呼ばれています。このセキュリティ上の弱点を付いた悪用は、ユーザーがリンクにマウスオーバーした時に発生しました。

他のユーザーは、もう一歩改良してユーザーが認識しないうちに勝手に元のツイートをリツイートするコードを追加しました。

この問題は、Twitter.com に影響を与えましたが、Twitter のモバイルサイト、または Twitter のモバイルアプリケーションには影響がありませんでした。この問題に関連する大部分の悪用行為は、いたずらとか宣伝行為の範疇になると考えています。タイムラインにおかしなリツイートを目にする機会がまだあるかもしれません。しかし、これに関連する問題でコンピューターやアカウントに対して危害を加えるようなことはありません。そして、パスワードを変更する必要もありません。なぜなら、この問題によってユーザーのアカウント情報を乗っ取られるようなことはなかったからです。

私たちは、この問題が発覚したとき、素早く問題を解決することだけではなく、脆弱性の可能性も特定することにも注意を払いました。この問題は、現在、解決済みです。この問題に直面したユーザーのみなさまには心よりお詫び申し上げます。



人気ブログランキングへ ←投票ご協力お願いします。

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 13:55| Comment(0) | 法務・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

「最近の若者は」とつぶやくとどうなるのか。

人気ブログランキングへ ←ご協力お願いします!


小屋の中で吼える犬を手なずけようとして、手をかまれたことがあるえびねです。

こんばんは。

連休はみなさま、いかがお過ごしでしょうか?
どのくらいの割合で、大型連休なのでしょう?

私は普通に働いています。


さて、ちょっとツイッターユーザーに関する興味深いデータがあったので、
お知らせします。

RBB TODAYへ

データによるとつまり、

若者はツイッターなどのSNSに思いを吐露するものの、
それ以上のつながりを求めていない。


ということが書かれています。


表示されているグラフも興味深い。

「自身の悩みを公開したことがありますか」に対し、
10代のみ「はい」が「いいえ」を上回り、
年齢が高くなるにつれてその比率は逆転、差が広がっています。

反対に、

「オフ会に参加したことがありますか?」には、
10代は「いいえ」が多く、年齢が上がると「はい」が増加します。

コレに関しては
若年層の財力なども関係しますので一概にはいえないですね。


それはともかく、今の10代のことを
インターネット・ネイティブと呼ぶこともあるそうですが、
彼らが成長して社会の根幹をなすような時代には、
世の中一体どんなことになっているのでしょうか?


と、ついついそんなことを思わず考えてしまうような調査結果です。
詳細は以下から。

▼ソーシャルメディア研究所アンケート調査 「ソーシャルメディアの利用実態」
 http://www.cyberbuzz.co.jp/news/2010/web21-1.html



参考になるとお感じいただけたら、 人気ブログランキングへ ←投票ご協力お願いします。

ニュース記事の全文を読む
posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 18:29| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セブバード(sebubird)さんの「本当にTwitterはモテるのか?」

ツイッターはじめて、およそ300日目の手嶋です、こんばんは。

いままで、ツイッターやってて、面白かったこと、ネタは数え切れないくらいあったが、300日中で一番面白かったTwitter関連情報(?)を紹介する。

セブバードさんの果敢な挑戦

http://picup.omocoro.jp/?eid=935 ← 本当にTwitterはモテるのか?

美しい蝶(鳥か)となって、今話題のTwitterを駆使して、どんだけモテるか? その深淵に迫るドキュメンター。

ちなみに、この方のアカウントは @sebubird です。

リストとか眠たいこと言わないで、ブックマークしたよ、俺は。
ブラウザのブックマーク!

面白かったら、ポチっとワンクリックお願いします! → 人気ブログランキングへ 

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 01:55| Comment(0) | 雑学・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

TwitterのRTとQTの違いとは?

夢で仕事をして、起きたら「頑張ったのにー」と損した気分になること、ないですか?
夢でやった仕事もあわせると、とっくにトヨタ自動車を抜いている手嶋です、こんばんは。

さて、書いたと思っていたのに、書いていなかったRTとQTの違い。

あくまで2010年9月現在の見解です。
そのうちトレンドも変わるかもしれないから、そしたら、また書きます。
SNSのマナーって言語と一緒で、ずっと同じってわけじゃないし。

たとえばabcさんというアカウントの人がいるとします。

@abc

ですね。

この人が

abc 夢で仕事をして、起きたら損したことないですか?


とツイートしたとします。

これに「同意」の意味で、自分の意見を書かずにコメント(ツイート)するならば

公式RTをするか

あるいは

以下のように書きます。

RT @abc 夢で仕事をして、起きたら損したことないですか?


上の書き方で「同感」あるいは「興味がある」あるいは「だよねー」みたいなニュアンスになります。

一方、これにコメントをつけたい時。

abc 夢で仕事をして、起きたら損したことないですか?

について「あるある。オレなんか、その時間を加算したら年収3倍になってる」とコメントをするならば、こうなります。

あるある。オレなんか、その時間を加算したら年収3倍になってる QT @abc 夢で仕事をして、起きたら損したことないですか?


じゃあ、公式RTはどうなの?

という話になるから、ややこしいのだけど、最初に公式RTの整理。
このボタンね、公式RT。

100921-tl.jpg

でもって、ポチっと押すとこうなる。

100921-rt.jpg

ただ、実は公式RTってまだ実装されて1年も経っていない。
2010年1月くらいじゃないかな? ということで、hootsuite とかの外部サービスはいまだに対応しておらず、リツイートをすると、公式RTにはならずに

RT @abc 夢で仕事をして、起きたら損したことないですか?


という「呟き」を「吐き出す」仕様になっている。

そんなこんなで混乱するのだけど、公式リツイートと、RTをつけて引用して「返信」をする、は同じ意味だと思ってください。
無理矢理区別するなら、公式RTはより広く色々な人に見せたい時、「返信」でRTつけるなら自分のフォロワーからなんらかのコメントが来ることを期待する、あたりかなぁ。
ま、一緒でいいよ。

で、私はしらばく、律儀に「RT」と「QT」を使い分けていたけど、ぜんぜんQTが普及しそうもないので、今日から面倒くさいから全部RTにしました。

ということで、QTとRTの違いは「だけど」と「しかし」の違いくらいの認識で良いと思いますよ。17文字の俳句でこの違いは大きいけど、1200文字の作文なら、意味通ればいいわけだし、みたいな。べんべん。

まとめ

(1)リツイートするなら「リツイート」のボタンを押しましょう。
(2)コメントするなら、引用して「RT」をつけて、コメントも一緒にツイートしましょう。

2010年9月現在なら、上が一番、多数派です。

ちなみに、RTがReTweet、QTがQuoteTweetの略。意味同じだし、どうでもいいか。


参考になったら、ポチっとワンクリックお願いします! → 人気ブログランキングへ 

posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 20:02| Comment(0) | ツイッター初心者用/ツイッター使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

ツイッターはSNS?それともニュースサイト?

人気ブログランキングへ ←ご協力お願いします!


みなさまもうすでにご存知の通り、ツイッターが刷新されます。(#newtwitter で検索できます。)

新しいツイッター

新しい画面は2カラム式となるそうで、
左側にこれまで通りのタイムライン、
右側にはそこで表示されるリンク、例えばYoutubeやFlikrなど、
ツイッターが提携している外部サービスが表示されるということです。

これによってツイッターのホームページ(http://twitter.com/)から
ユーザーが離れることが減って滞在時間が長くなり、
広告への誘導も高まり、広告収入も増加するだろうとの予測がなされています。

もうすでに一部のユーザーに、デモ版が提供されているようですが、
私にはまだです。残念がながら。

一部の噂では、フォロワーが1万人以上の人から優先的に試験してもらっているらしく、
さんざんフォロワー数は重要じゃないだのなんだの言わせておいて、
ここに来てフォロワーの多さが重要視されるなんて、
というちょっとした皮肉めいたコメントが出ている模様です。


まあ、仕方ないですよねこれは。

ところでこんなニュースが。
ツイッターの“片思い””片思われ”を管理できるサービス「ついっぷるフレンズ」が公開
 2010年9月15日(水) 17時38分

 NECビッグローブ(BIGLOBE)は15日、Twitter(ツイッター)におけるフォロー(フォローしている人)やフォロワー(フォローされている人)を手軽に管理できる「ついっぷるフレンズ」サービスの提供を開始した。

 利用者がフォローしているアカウント、フォローされているアカウントを一覧表示可能で、「片思い」アカウント(自分がフォローしていて、相手からフォローされていないアカウント)、「片思われ」アカウント(自分がフォローしていなくて、相手からのみフォローされているアカウント)だけを選別して表示させることも可能。

 アカウントのプロフィール表示では、Webサイト、自己紹介、フォロー数、フォロワー数、一日の平均つぶやき数、自分と共通するフォロー、ツイート分析ボタン(対象アカウントの最近よくつぶやいている話題を分析)などが表示でき、自分に関係するアカウントの把握が簡単に行える。また利用者がフォローしている人達が共通してフォローしている人を、オススメアカウントとして紹介。参考に、フォローを増やすことができる。

 利用は無料で、Twitterアカウントを利用し、アプリケーション連携を許可する必要がある。
RBB TODAYより抜粋。http://www.rbbtoday.com/article/2010/09/15/70630.html

この記事を見てもおわかりいただけるように、

どうしても「ミクシィの後釜」的な印象の強い日本では、
ツイッターのSNSとしての機能に着目している様子がうかがえます。

しかしながら一方で、Twitter幹部からのこんな意見も出ています。

「ツイッターはソーシャルネットワークではない」
twitter is not social network.
もちろんツイッター社はアメリカの企業ですので、
ライバル視している最大手と言えば、5億人ものユーザーを誇るSNS、Facebookです。

つまり、ガチンコ勝負をするのではなく、
フェイスブックはフェイスブックの利点があって、ツイッターにはツイッターの利点がある。

だから上手く使いこなしてネ。

ということを言いたいのでしょうか?


今の時点でなんとなく言えるのは、
ミクシィにせよフェイスブックにせよ、そしてグリーやモバゲーにせよSNSは、
皆が飛びつくソーシャルな対象(コミュニティとか、ファンとか)が先にあって、
そこから各自の意見が行き交うのに対して、

ツイッターはニュースが先にあって、
それがポストされたことによってコミュニケーションが広がる。

こうした逆のベクトル式が見えて来ました。

いずれにせよ、大きく括ればどれもSNSだと思うのですが。
まあこれは、単に名称の問題とも言われそうですね。



以下は余談ですが、
そうするとツイッターの自動投稿(自動ポスト)機能。

適合するSNSとそうでないSNSが生まれてきそうですね。

例えばFacebookの場合。
自動ポストされたツイートに「#」がついている時点でもうそれはFacebook向きではありません。
もちろん「@」もそう。

なんというか、この違和感。
まるで丸刈りの高校球児がJリーグの応援に来ているような・・・


ミクシィボイスでは自動的に除外されるみたいですので、
これは比較的親和性は高いものと思われます。

ただ、最近のミクシィの迷走ぶりを見せつけられていた私としては、
(これまで主流だったはずの「コミュニティ」新着表示がついに脇に追いやられた!)
「なーんだ、ツイッターに迎合したのね」と思わざるをえません。

以上、ソーシャルネットワークの陣取り合戦を傍観してみた感想でした。

とはいえなんといえ、どれもこれも無料で使用できる便利な代物ばかりですので、
こんな幸運に対して感謝をすべきなのではないかと、連休を前にした遅い時間にふと思う海老根でありました。

みなさま良い連休を!!
私は仕事します!泣!!


参考になるとお感じいただけたら、人気ブログランキングへ投票ご協力お願いします。


以下、ソーシャルネットワークの陣取り合戦です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 21:45| Comment(0) | ツイビ研の考察や見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

ツイッターが普及したからネチケットについて考えてみた

人気ブログランキングへ

男子校だったせいか、風紀委員という存在に憧れを抱くえびねです。もう秋ですね。

ツイッターも気づけば国内利用者1000万人超だそうです。
アーリーアダプターのフェーズは過ぎ、アーリーマジョリティの段階にさしかかっているのでしょう。

利用者が増えたときに気をつけたいのが、エチケット。
ネットのエチケットだから「ネチケット」などと呼ばれたりもします。

今日はそんなネチケットに関するポストをいくつかピックアップしてみました。
さーみんなで一緒にかんがえよー。(小声)


まずは先日の当ブログ記事から。
「米ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、ツイッターで偽情報流して停職処分」ですね。

次に、このニュースも話題になりました。


さらに、こんな小ネタも。
ツイッターで「合コンなう。隣の巨乳超好み」で彼女激怒(アメーバニュース)


最後に、ちょっと面白ネタをひとつ。

先日、こんなツイートが話題になりました。

自分よりフォロワー数の多い人には敬語を使うのが、Twitterのマナーです。最近、ネチケットを守れない人が多い。一年前は今ほど荒れていなかった。6:04 PM Sep 7thTwitter for iPhoneから


これに関するニュースが以下。
<<前半部略>>

この提言に対し、ツイッター上には瞬く間に反響が現れ、

「誰ルールwww」
「こういうネタを思いつきたいものだ」
「そんなルールあったの?僕は誰にでも敬語で接してますけど・・」
「このルール、かなりおかしいと思うのだが。」
「えええっ? そうなのか!? 知らなかった・・」

と、信じる声、疑う声、「ネタだろ」という声が殺到した。

先のつぶやきの直後に「致知格物」さんは、「ネタをネタと見抜けない人には(ツイッターを使うのは)難しい」と、2ちゃんねる管理人・ひろゆき氏の名言「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」を引用しているため、この発言はネタと解釈するべきなのだろう。しかし、「致知格物」さん自身が「リツイート500人達成!」とつぶやいているように、結果的にこのつぶやきに対するリツイート(引用)は500人以上に。フォロワー数の多さに一喜一憂するツイッターユーザーにとって、この「新マナー」は、見過ごせないつぶやきだったようだ。
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20100913-00003553-r25より抜粋



ネットだSNSだツイッターだ、と騒がれていますが、
だからといって特別なものではないと、個人的には認識しています。

現実社会(リアル社会)でも当然気にすべきことを、ネット上でも行えばいいのです。

ネット上だとついつい匿名であること(というか物理的に距離があること)に安心感を覚え、日頃言わないこともやんややんやと言ってしまう風潮が見受けられます。

車に載っていると、歩行者や自転車に対してやたらと攻撃的になるようなもんでしょうか。

そういえば、度々話題になる有名人のなりすましアカウントもそうでしょう。
「どうせ顔はバレない」という思想の上でのできごとでしょうから。

しかしながら一方で、
近年のSNSでユーザー5億人と隆盛をきわめるfacebookの成功要因とは、
その実名登録制度にあるとも指摘されています。
ツイッターも然り。

こうやって徐々に、「匿名であること」の場が狭まっているように感じられます。

その要因とは、あえてここで言うまでもなく、IT業界での驚くほどのインフラ整備が進行していること。これに伴い、これまで仮想空間であったネットの世界が、現実とより近くに存在するようになったのです。生活や暮らしに根ざすようになった、といいますか。


それと共に、利用する私たちの精神も、一緒に発展していければいいのですが、
まずはツールとしてのツイッターやインターネットを正しく理解すること。
これが先決であるというのが、今回の結論です。
と綺麗な言葉を並べて本日は筆を置こうと思ひます。

気候の変化の大きい時節ですので、皆様もお体にはくれぐれもご自愛下さいませ。
ごきげんよう。


参考になるとお感じいただけたら、 人気ブログランキングへ 投票ご協力お願いします。


posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 12:01| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

批判の噂の広がりも早ければ、リカバリーも早い企業ツイッター失敗事例

人気ブログランキングへ ←まずはクリック!


お風呂では必ず、その日はいていた下着を手洗いするものの、時々自分の体を洗ったかどうか忘れるえびねです。なんだか急に涼しいですね。

さて、こんなニュースが。



とてもいいと思います。その攻撃的姿勢。
ユーザーの気持ちを代弁していて、それに自社の製品をからめてのプロモーション。

ブームになっている感のある三助さんを引っ張り出しての映像も凝っていますし、面白い。
100910_06.JPG

しかし、利用規約を読んでいなかったのでしょうか?

と憤っても仕方がありません。
というのは、もう既にリニューアルされているから。

新しくなったキャンペーンでは、同様の入り口から進むと、

100910_02.JPG
1/3
「ここで登場する三助さんは、片思いアカウントを発見し、
そのアカウントに対する思いを洗い流すと同時に、
フォローを解除します(最大で2人)。」

100910_03.JPG
2/3
「三助さんに洗い流してもらうと、片思いアカウント情報を含む
以下のようなテキストがtwitter上に自動的にツイートされます。

『ゴシゴシゴシゴシ、ザッパァーー♨ 三助さんにAXEボディソープで
身も心もさっぱりと洗い流してもらった。【今回洗い流した片思い
アカウントは @xxxxxx さんと @xxxxxxx さんでした】』」


100910_04.JPG
3/3
「あなたの片思い関係の解消に本当にトライしますか?

 *最大で2人分の片思いアカウントのフォローを解除します。
 *相手のmentionsに表示されるので、
  思いを寄せた相手と片思いから両思いになれるかも。」


というお断り文章が現れてから、自分の意思で先に進む方式が採用されました。
とりあえず軟着陸、です。


こうして当ブログでもネタにするほどの話題を呼びましたし、
これでアクセスが上がったりすることもあるのかもしれませんが、
もしそこまで計算済みでのプロモーションだったとしたら、恐ろしいですね。

スタッフの方々は徹夜対応だったかと思いますが、その迅速さには拍手!

ユニ・リーバ社キャンペーン AXE SHOWER-NAVI

人気ブログランキングへ ←よろしければ投票ご協力お願いします。


posted by ツイッタービジネス活用研究会 at 11:20| Comment(0) | ビジネス失敗事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。